H-filter - 名古屋でリノベーション・リフォームなら大成工務株式会社

電気料金削減、「H-filter

H-filter

電気料金削減なら、「H-filter」にお任せください

電気料金は、毎月電力使用量の従量制によって支払われます。
しかし実際には使用した分だけが算出されているとは限らず、消費電力には、無駄に発生している電気ロス(無効電力)が発生しています。この無効電力は、不安定な電磁波(高調波)が引き起こしている事が考えられます。
H-filter」によって不安定な電磁波(高調波)を削減し、無効電力を取り除ければ電気代(無効使用量)が削減できると考えられています。

電気ロスを解決

電気は毎月決まった日時に検針が行なわれ、算出された電力使用量から料金が確定します。しかし「使った分だけが算出されている」とは限らず、ムダな消費電力=「電気ロス」が発生しています。 電気ロス発生の一因として、不安定な電磁波が考えられます。 そして不安定な電磁波が一番発生する場所が、ブレーカーや配電盤です。 なおこの問題は、「送配電ロスの報告」として電気事業者からは公表されていません。 電気料金を削減するためにあらゆる方法が試されてきましたが、「H-filter」は電気料金の発生メカニズムから研究し、大元からしっかり抑制します! 大掛かりな工事も不要で、導入までのプロセスもシンプルです。 不安定な電磁波を安定した電磁波に整えることで、電気ロスが大幅に減衰し、電力使用量と電気料金の削減が見込めます。

どのようにして電気使用量を削減しているのか?

H-filter」をケーブルに装着するだけで「H-filter」に使われている特殊金属が、ブレーカー周辺から出る高調波を抑制し、電気の使用効率を良くすることで電気使用量を減少させています。 「H-filter」は、材質に複数の酸化物磁性材料を使用した特殊金属製の省エネ商品です。高調波やノイズを抑制し、不安定な電磁波を整流化、無効電力を取り除くことができます。 「H-filter」は、「高調波」を効率よく吸収できる特殊な素材でできています。第三者機関での性能評価で、そのクオリティーは実証済みです。(実用新案出願中・特許出願中)

H-filter」により電力ロスの削減を実現


H-filter」は高調波を吸収し、効率よく外部に放出することが可能です

設置について

ブレーカーに装着するだけで専門工事は不要です!

世に出回っている電力削減ソリューションの中には、ブレーカー自体の交換が必要な物もありますが、「H-filter」はそのような専門工事は不要です。電力の稼働を止めずに装着することが可能なため、業務の停止などを気にする必要がありません。

高調波削減効果・効能のまとめ

電力ロス削減(電力量削減) 高調波が減る≒電流が整流化され、余分な電力量が削減される
機器/人体負荷の軽減(長寿命化/労働環境の改善) 高調波における機器や周辺インフラへの負荷が軽減される
高調波は人体への悪影響もあり、健康改善にもつながる可能性あり
※経産省の電気事業法における高調波抑制ガイドライン基準にも貢献
電気メータ適正化 電気パルス(ノイズ)の影響を減らせ、電気メータを適正化出来る
CO2の削減効果 電力ロスの削減により利用効率改善によるCO2削減効果にも繋がる
発売から半年で大手への導入加速中!

お問い合わせ

H-filterのお問い合わせはこちらから